痛いんです!むし歯についてのあれこれ②|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科、インプラント、ホワイトニングに対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

新着情報

痛いんです!むし歯についてのあれこれ②

スタッフブログ

2022.04.28

前回はむし歯のリスクと、初期むし歯についてのお話をさせてもらいました。

今回は進行むし歯についてのお話を。

歯医者さんは確かに怖いです(そういう加藤も治療用の椅子に座る事はとても嫌いです)が、進行むし歯はさらに怖いです。ご注意を。

むし歯が進行して、歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態(エナメル質のむし歯(C1))になってしまうと、削って詰める治療が必要になります。エナメル質内のむし歯であれば、痛みはありませんので、麻酔を使う事は稀です。

ここまではまだ痛みは感じません。全然痛くないので、治療は怖くありませんよ。

さらにむし歯を放置すると、冷たい水でうがいをしたり、冷たい食べ物を摂ると、歯がしみる、などの症状が出てきます。

むし歯がエナメル質を突破して、象牙質までむし歯が進行している状態(C2)です。

この状態で歯医者さんに行くと、麻酔をして、歯を削り、CR(コンポジットレジン)などの詰め物を詰める処置が必要になります。場合によっては型を取り、金属やセラミックといったオーダーメイドの詰め物を作って詰める事が必要になります。

さらにむし歯を放置すると、歯が割れたり、物が詰まるようになります。

次第にズキズキとした痛みが出てきます。

神経まで進んだ状態のむし歯(C3)です。

むし歯が神経まで進んでいる状態ですが、エナメル質表面の穴は小さい事も多く、象牙質の内部で広がっていることがあります。

神経に接しているため、激しい痛みがあります。

この状態までくると、ほとんどの場合は根の治療(根管治療)が必要になります。神経を取ると、歯が弱くなってしまうので、この段階になる前に治療を受ける事をお勧めします。

そして、最後はなんと歯の痛みがなくなります。

歯の根っこだけが残ったむし歯(C4)です。

歯がほとんど崩壊し、歯の根だけが残った状態になると、多くの場合は歯の神経が弱り、最後には神経がお亡くなりになり、痛みを感じなくなります。

弱った神経が細菌に感染すると、膿が溜まったり、歯ぐきが腫れたり痛みが出たりすることがあります。

この状態になると抜歯になる事が多いです。

さらに放置すると細菌が全身に広がることもあります。早急に歯科医院を受診しましょう。

 

つばめデンタルクリニック川西では、初期むし歯から進行むし歯まで、ステージに応じたむし歯の治療を行なっています。

なるべく削らずに治療を行い、さまざまな方法を用いて痛くない麻酔を行います。

ところで、川西市の公立小中学校の学校検診に行くと、とてもむし歯が少ないことに驚きます。

保護者の目が光るため、子どもは歯磨きをちゃんとやりますし、例えむし歯になってしまっても毎年学校で検診を受けているため、早期で発見でき、治療できます。

反面、社会人になると忙しさゆえに歯科医院から足が遠のきます。

それゆえ、痛みが出てはじめて歯医者さんに行くことになり、後手後手に回ります。

学校を卒業し、社会人になられた方も、できれば定期的に歯医者さんでむし歯のチェックを受けるようにしましょう。

歯科医院は敷居が高いと感じられる方は、川西市や猪名川町主催の無料歯科検診を受けてみましょう。

 

つばめデンタルクリニック川西では、初期むし歯から進行むし歯まで治療を行っています。
ミニマルインターベンションという言葉をご存じでしょうか。
現在では、むし歯は必要最低限の切削を行うことがスタンダードです。
簡単に歯を削り、セラミックを詰めませんか?などといった商業主義的な治療は、令和の時代ではもはや通用しないと思います。
なるべく歯を削らず、保存しましょう。そのためにも、早期発見、早期治療。
川西市や猪名川町など自治体が主催している無料歯科検診なども上手に利用してくださいね!

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop