歯周病治療|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科に対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

歯周病治療

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

歯周病は、歯垢(プラーク)の中に含まれる細菌が引き起こす感染症です。はじめは歯肉が炎症を起こして腫れる歯肉炎になり、そのまま放置しておくと、歯を支える骨(歯槽骨)がやがて溶けてしまう歯周炎へと悪化します。歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病といいます。
現在、日本の成人の80%以上の方が歯周病の何らかの症状があるといわれています。

当院の院長は、歯周病を専門とする医院での勤務経験があります。そこで学んだ経験や知識を生かし、歯周病治療に力をいれて取り組んでおります。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯と歯肉に隙間がなく健康な状態です。

歯周病の進行

まだ自覚症状がない状態です。放置しておくと炎症を起こす可能性があります。

歯周病の進行

炎症が悪化し歯槽骨や歯根膜も破壊され溶け始めてきます。

歯周病の進行

さらに炎症が悪化し、歯がグラグラし始めます。

歯周病の進行

ここまでの症状になると歯を抜く必要があります。

歯周病が及ぼす
全身への影響

歯周病の影響は口腔内だけにとどまりません。口腔内の歯周病菌が血液を介し全身へと巡ることで、全身にさまざまな悪影響を及ぼすことがあるのです。

心臓疾患 歯周病菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物資が出て、血管に脂肪性沈着物ができます。そのため、血液の流れ道が細くなり、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こす可能性があります。
誤嚥性肺炎 歯周病菌が混じった食べ物が誤って肺に入ると、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。専門的な口腔ケアを実施することで肺炎の発症率が減少することが知られています。
糖尿病 糖尿病と歯周病は相関関係があり、糖尿病に罹患すると免疫力が低下しやすくなり、免疫力が低下すると歯周病が発症しやすくなります。また歯周病にかかると血糖値を下げるインスリンがホルモンの働きを悪くさせ、糖尿病の症状を悪化させるということが明らかになってきました。
早産・低体重児出産 母親の口腔内の歯周病菌が血中に入り、胎盤を通じて胎児に直接感染することが原因で早期の出産を促し、低体重児出産のリスクが高まることが指摘されています。

歯周病の診断と治療

当院では歯周病の正確な診断、治療計画の立案に役立てるため、以下のような検査を行っています。

歯周病検査

問診・カウンセリング

まずは、現在の全身状態やこれまでの経過など、治療を行っていくために大切な情報を患者さまから伺います。

ポケット検査

目盛りが入った専用の器具(プローブ)で歯周ポケットの深さを測ります。歯周ポケットの深さが3mm以上で歯周病の疑いがあり、深ければ深いほど症状が進行していると考えられます。

歯の動揺度検査

歯をつまんでぐらつきの大きさを調べます。歯がぐらつくようなら、歯周病が進行し、歯槽骨も破壊され始めていると考えられます。

レントゲン検査

骨の状態などを診ます。

歯周病初期治療

ブラッシング指導

歯周病の予防や再発防止の基本は、ご家庭で行う歯磨きです。自己流だと磨き残しができやすくなってしまうので、効率よく汚れを落とすことが出来るように正しいブラッシング方法を指導します。また、綺麗に磨けているか定期的にチェックします。

スケーリング(歯石除去)

スケーラーという道具を使って、ブラッシングだけでは取りきれない歯の汚れや歯石を取り除きます。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯周ポケットの内部にある歯石や、歯周病に侵されたセメント質、象牙質を取り除き、歯石が付きにくいようにします。

抗生剤による歯周病治療

抗生剤の内服や直接歯周ポケット内に薬剤を注入する治療を行います。

咬み合わせ・歯ぎしり治療

咬み合わせの調整やマウスピース治療などを行います。

不適切な詰め物などの修正

不適切な詰め物・被せ物にはプラークが付着しやすくなります。適合の良い詰め物・被せ物に修正を行うことで、プラークの付着が少なくなります。

禁煙のススメ

禁煙のススメ

喫煙は歯周病のリスクを高めます。また、治療して治りにくいことが分かっています。
タバコの煙に含まれる一酸化炭素は組織への酸素の供給を妨げ、ニコチンは血管を縮ませるため体が酸欠・栄養不足状態になります。ニコチンは免疫機能も狂わせるため、病気に対する抵抗力も落ちます。
そのため、歯周病を完治させるためには禁煙をおすすめしています。必要があれば、禁煙外来の紹介も行います。

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop