歯磨き粉の成分について 歯周病が歯磨き粉で治るってホント?|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科、インプラント、ホワイトニングに対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

新着情報

歯磨き粉の成分について 歯周病が歯磨き粉で治るってホント?

スタッフブログ

2022.03.03

先日歯磨き粉の中の研磨剤についてのお話を軽くしました。

今日は、もう少し歯磨き粉について、掘り下げて説明します。

スーパーの歯磨き粉売り場には、様々な歯磨き粉が所狭しと並んでいます。無数の歯磨き粉の中で最も適している歯磨き粉…すごく気になりますね!

結論から言うと、国内で販売されている歯磨き粉であればどれを選んでも大きな差はありませんが、【ステイン除去】、【ホワイトニング効果】などといった表記のあるの商品は研磨剤が含有されている事が多いので、歯のためには避けたほうが良いかもしれません。

歯の研磨性はRDAという方法が用いられており、世界標準ではISO規格で250以下と定められています。

日本で市販されている歯磨剤は、RDA値が150以下のものがほとんどです。世界標準からは低く設定されています。

 

良心的な歯磨き粉では、この画像のように研磨剤無配合などといった表記がされていますね。

これは良いと思います。

 

研磨剤は健全な歯面での使用は特に問題はありませんが、歯肉退縮による歯根が露出しているケースでは避けたほうが良いと思われます。前回の記事でも書きましたが、歯磨き粉の中の研磨剤はエナメル質は削れませんが、象牙質は削れてしまうからです。

ここで気をつけていただきたい事は、よくネットで個人輸入のサイトがありますよね。そこで、外国産のRDAの高い歯磨き粉が売られているということです。

RDAが高い=ステイン除去効果が高い

のですが、その結果、象牙質が削れてしまうとしみてきます。

外国産のホワイトニング効果を売りにした歯磨き粉は要注意ですよ!

また、酸性の物質をだらだらと飲んだり食べたりする事を避けたり、適切ブラッシング方法(ストローク、ブラシ圧、歯ブラシの硬さ)を実行することがさらに重要となります。

 

ところで、CMでは歯磨き粉を使うことで腫れた歯ぐきがキュッと引き締まるかのような演出がされています。

しかし、歯磨き粉で歯周病が治ることはありません。 薬事法による制限で、市販の歯磨き粉には効果を発揮できる薬剤濃度を含有できないからです。

どんな歯磨き粉を選ぶかよりも、ブラッシングが正しくできているのかの方がよっぽど重要です。

結論から言うと、歯磨き粉による歯周病治療はできませんが、フッ素が入っている歯磨き粉には、むし歯予防の効果があります。ですから、歯周病の治療目的ではなく、むし歯予防を目的として歯磨き粉は使用してください。

また、歯磨き粉で歯そのものが白くなることはありません。ホワイトニング効果があると謳っている歯磨き粉は、歯磨き粉の中の研磨剤でステイン(茶渋)を削って取り除いているのですが、汚れだけではなく象牙質も削ります。

歯そのものを白くするためには、歯磨き粉で歯を削るよりも、歯医者さんで研磨剤フリーのステイン除去をしてもらい、かつ、歯を痛めないホワイトニングを行うことで、歯に優しく歯を白くすることができます。

【歯を白くする】と謳っている歯磨き粉には近づかない方が無難です。

つばめデンタルクリニック川西では、安全にステイン除去を行い、体に優しく歯を白くするホワイトニングを行っています。

歯科医師と国家資格を持つ歯科衛生士がステイン除去やクリーニング、ホワイトニングを行いますので、安心です。

ステインは歯科医院で安全にとる方が、長い目で見ると歯を守ることにつながりますよ。

 

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop