エルビウムヤグレーザー(Er:YAG)でメタルタトゥーの除去②|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科に対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

新着情報

エルビウムヤグレーザー(Er:YAG)でメタルタトゥーの除去②

スタッフブログ

2021.07.08

それでは今日の症例です。

前歯のメタルタトゥーを除去してほしいとのことで、来院されました。

メタルタトゥーを除去するためには、まず、現在入っている金属の補綴物を外す必要があります。

せっかくレーザー治療によってメタルタトゥーが除去されても、原因となっている金属が残っている状況ではメタルタトゥーが再発するリスクが残りますからね。

この患者さまの前歯には、硬質レジン前装冠が被せてあり、さらに内面は根の中から銀合金で補強されていました。メタルコアと呼ばれる歯の補修方法です。

硬質レジン前装冠とは、フレームを金属で製作し、見えるところだけを樹脂でカバーして白くする方法です。

このメタルコアと硬質レジン前装冠からメタルタトゥーが発生していました。

 

この場合、被っているクラウンだけではなく、根の中の補強芯(メタルコア)も外します。

硬質レジン前装冠だけを外すのでは不十分です。なぜなら、そのさらに中にあるメタルコアの金属が溶け出す事で、メタルタトゥーは形成されますからね。

メタルコアを外すためには、極力歯を削らず、超音波スケーラーを用いて慎重に外します。

ゆっくりと、確実に。

メタルコア除去後は根の治療を行います。根の中の古い根充剤を除去し、何度か根管の清掃をします。根尖病巣が治癒したことを確認して、根の中を根充剤で再度埋めます。補強芯としてファイバーコア(メタルを使用しないコア)を入れ、仮歯を入れます。

無事にメタルフリーとなったこの段階で、レーザーを照射します。

今回は2回照射しました。照射回数はメタルタトゥーの大きさや範囲により異なります。

レーザー照射後、治癒を待ちます。

治癒後、最終印象を取り、ジルコニアクラウンで補綴しました。

治療期間は約4ヶ月。根の治療を行ったため、少し時間がかかりましたが、患者さまの満足がいく仕上がりになりました。

 

つばめデンタルクリニック川西では、エルビニウムヤグレーザーを用いた色素沈着の除去を行っています。

健康保険適応外です。レーザーによるメタルタトゥーの除去は、ワンショット15000円から行うことが可能です。

メタルタトゥー除去以外にも、メラニン色素の除去、知覚過敏の処置、口内炎の治療、インプラント周囲炎の治療、歯周外科など、レーザー治療は多岐にわたります。

いずれも当院にて治療を受けることが可能です。

いつでもお気軽にご相談ください。スタッフ一同、患者さまにとって最善の治療を提供できるよう、全力を尽くして診療にあたります。

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop