上顎総義歯(総入れ歯)のインプラントオーバーデンチャー|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科に対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

新着情報

上顎総義歯(総入れ歯)のインプラントオーバーデンチャー

スタッフブログ

2021.01.23

以前、IOD(インプラントオーバーデンチャー)のお話をしました。

IODとは、埋入したインプラントに負荷をかけて、入れ歯を安定させる装置です。

当院では、磁性アタッチメントシステム、ロケーターシステムなどを採用しています。

 

今日は、ロケーターアタッチメントのお話。

骨がしっかりしており、唾液の量も豊富な患者さんは、比較的総入れ歯になっても安定していることが多いです。

入れ歯は適合が良いものはもちろん、かみ合わせが安定していれば、よく噛めることは間違いありません。

しかし、骨がやせておられる方や、嘔吐反射がひどく、大きな入れ歯を入れると気持ちが悪くて入れ歯を小さくしなければそもそも入れられない、といった方なんかは、入れ歯が安定しにくいですね。

唾液が少ない方なんかも、入れ歯が吸着しないので外れやすいです。

 

さて、本日の患者さまは、事故で不幸にも若くして総入れ歯になってしまった方です。

嘔吐反射がひどく、大きな入れ歯を入れることができません。

入れ歯はそもそも上あごを全て覆ってしまうくらい大きくなければ、まず安定しません。しかし、この方は、上あごを覆う入れ歯というものをそもそも口に入れることができませんでした。

上あごの部分をくりぬいた入れ歯を絶対に使用したい、とのことで、上あごをくりぬいた義歯をお使いです。

上あごをくりぬいているので、話すときの違和感が少なくなります。また、可能な限り入れ歯を小さくすることで、オエっとなる嘔吐反射を防ぐことができました。

しかし、このような上あごをくりぬく義歯というものは、残っている歯にひっかける部分入れ歯では安定しますが、総入れ歯ではまず安定しません。落ちます。

そのため、ロケーターシステムを併用しました。

患者さまの口の中です。金属部分がロケーターアバットメントとよばれるもので、埋入されたインプラント体に装着されています。

このロケーターアバットメントに、ロケーターリプレイスメントメイルと呼ばれる、ゴムのような装置をひっかけます。

ロケーターリプレイスメントメイルの装着された入れ歯はこのようなものです。

 

ロケーターリプレイスメントメイルはゴムのような装置です。

これをインプラント体にひっかけます。

 

この方のお使いの義歯は、総義歯です。上顎の総義歯で、ここまで小さく、上あご部分もくりぬいた形の入れ歯を入れると、絶対落ちます。まず噛めません。

しかし、この、ロケーターシステムを併用することにより、義歯を小さくし、安定して落ちない義歯を作ることが可能になりました。

オエっとなることもなく、非常に安定していると、患者さまからは好評です。

 

つばめデンタルクリニック川西では、インプラントシステムを併用することにより、通常では不可能とされること(入れ歯を小さくしたい、動きにくい入れ歯を入れたい)といった患者さまのご要望をお聞きし、可能な限りお応えしたいと思っています。

ご要望のある方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いします。

 

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop