入れ歯に見えない入れ歯、ノンクラスプデンチャー|兵庫県川西市の歯科・歯医者なら『つばめデンタルクリニック川西』。川西能勢口駅から徒歩3分で歯周病の治療・予防、口腔外科に対応。

0727592798

診療時間

24時間WEB予約

新着情報

入れ歯に見えない入れ歯、ノンクラスプデンチャー

スタッフブログ

2020.12.17

事故や歯周病で一気に歯が悪くなって抜かざるを得ないケースなど、インプラントやブリッジによる補綴が難しいような場合は入れ歯による補綴もやむなしの場合があります。

部分入れ歯の場合、金属の金具を残っている歯に引っ掛ける事で入れ歯が安定します。

あの金属の金具はクラスプといって、部分入れ歯をご自身の歯に引っかけるための重要なパーツです。

クラスプには細いものや太いもの、数多くあります。ご自身の歯の状態や審美的な点を考慮してクラスプを設定するのですが、設計上やむなく前歯にかかることもあります。なるだけ前歯にはかからないようにはしていますが…

金具が前歯にかかるのは見えるし嫌だなぁ‥という患者さまは実際のところ多いです。

 

インプラントを用いたロケータシステムや、磁性アタッチメントシステムなどを使うと、クラスプを外すことができます。

しかし、骨の問題やコスト的な問題、インプラントの手術が怖い、といった心理的な問題により、すべての方にインプラントが埋められるわけではありません。

じゃあ、銀の金具を使わない入れ歯はないのか?と言われると、あります。

ノンクラスプデンチャーという部分入れ歯が審美的な解決方法となるかもしれません。

ノンクラスプデンチャーとは、部分入れ歯の銀のクラスプの部分に、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用した部分入れ歯です。

入れ歯を付けていることに気づかれにくいことが最大のメリットです。

デメリットとしましては、割れやすいこと。これは、見えないところには金属を使うことで、割れやすさをカバーすることが可能です。

健康保険適応外です。小さなもの(1〜2歯欠損)では、12万円程度から製作可能です。

大きいものでは、だいたい40万円程度になります。

欠損部の状態や、残っている歯の状態により費用も異なります。

そのため、製作の際には、前もって必ずお見積もりを提示させていただきますので、ご安心ください。

 

通常の部分入れ歯です。金属がかかるので、見た目に問題が出るケースがあります。

 

ノンクラスプデンチャーです。金属の金具を使用していないため、見た目が自然に仕上がります。

つばめデンタルクリニック川西では、やむを得ず歯を複数本失った患者さまの口腔内の機能回復に積極的に取り組んでいます。

その際、よく噛めることはもちろんのこと、なるべく自然に見えるような入れ歯をご提案することが可能です。

お気軽にご相談ください。患者さまのご要望を第一として、各種ご提案させていただきます。

診療のご予約はこちら

24時間WEB予約

pagetop